明日はどっちだ!?(上口真実)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

カテゴリ: 1回〜

私の強みはなんだろう。。。

最近よく考えます。

例えば面接の時などに聞かれるような自分の長所と短所を言う
というような場面ならそれなりに言えますが、でもそれなり。

人から"おまえじゃないと!"と言われるような

仕事での私の強みはこれです!と胸を張って言えるような

そんな強みとなると。。。

うーーーーーーん。


で、出てこないっっっ!!!!

と気づいた時、ガッッッックリきました。
なんだか今までやってきた仕事が生きていないような気がした瞬間。

でもここで落ち込んでいてもしょうがないので、
今目の前にある仕事を、一生懸命にやって、
自分の強みを見つけていこーっと。

で、強みを見つけるってどういうこと??

ただ、腕を組んで"うんうん"首を捻りながら自分の強みをぼけーっと
考えることじゃないよなぁ。。。
・・・やってたけど。

考えたって、ないものはないんだからまずはそれを認めよう。

じゃあ強みってどうしてできるのかといったら、
自分の得意なこと、好きなことをもっともっと伸ばしていけば
いつの日かそれが人に認められて、その仕事は"おまえじゃないと!"
と頼まれて強みになるはずだ!!

という考えに至り、

よっしゃーーーーーーーーっ!!!!

とてもやる気が沸いてきました。
むー頑張るぞー


で、あたし何を頑張るの・・・?

私は今まで、あまりちゃんと24時間テレビを
見たことがありませんでした。

けれども今回、24時間テレビのオープニング部分を
じっっっくり見ました。

マラソンスタートする直前のエドはるみが、
走る目的を話しているところです。

ご覧になった方もたくさんいると思いますが、
エドはるみはまだ芸人になっていない6年も前から
24時間テレビのマラソンランナーになりたい!
と思い描いていたらしいです。

そうなる日を夢見て、まだ素人時代のうちからジョギングを
始めたなんて信じられない!!

脱帽です。

エドはるみが今回24時間テレビで走る目的は、

いつになっても、いくつになっても、
始められる、新しい事にチャレンジできる。

ということをお伝えしたい。
と言っていました。

う"ーーーーーーーーーーーっっっ

そうそう! そーだよっそーだよっ!!!!

最近また、というかしょっちゅう"明日はどっちだ病"が発症して、
自分の走っている方向がわけわからなくなるのですが、
エドはるみの宣誓を聞いたら

よし!頑張るぞーっ!!!!

とまた奮起しました。

この間うっかり友達に

「サラリーマンていいね。。。」

とこぼしてしまいましたが、撤回!

もちろんサラリーマンがいい、悪いという話しではなく、
自分で、サラリーマンを辞めてフリーで頑張る。
ということを選んだんだから、チャレンジして頑張るぞーう

"エドはるみ"なんて呼び捨てにしてスミマセン。。。

エドさんを私の憧れの人リストに追加します。

P.S. 私が時々チェックするブログの方も、こんなにエドさんを崇拝していました。

『あたし・主婦の頭の中』

今更ですが、私はこんな人間です。

という自己紹介の意味も含めて、実際に
偏愛マップを作ってみました。

map
(クリックすると大きくなります。)

改めて見直すとしょうもないことばかりだなぁ。。。

でも自分の大好きがいーっぱいつまっています。
食べ物を書いている時にはヨダレがたれてしまいました。

急に自己紹介をふられると、かなり簡単な当たり障りの
ないことを言ってしまいます。
が、こうしてじっくり考えると、普段はあまり話題に出さない
でも偏愛していることがいろいろあるなぁ~
と思いました。

確かにこれを初対面の人と見せあいっこすれば
話しは盛り上がりやすいし、ひとつでも共通点があったら
初対面とは思えないくらい打ち解けてしまうかもなー。

この偏愛マップ、名刺の裏に載せている人もいるらしいです。

なるほどねー。

私は今回A4サイズの紙に書いたのですが、
初対面の人におもむろにこの偏愛マップ差し出したらどうなんだろ。

「え・・・別に興味ないんですけど。。。」

とか言われる可能性大だから、偏愛マップの使い方は
間違えないようにしないとな。。。

こんな私ですが、今後ともよろしくお願い致します。

昨日の私と今日の私は見た目はまったく同じですが、
考えていることはまったく違ったりします。

たった24時間前なのに。

なぜ、昨日のコラムをそこできったのか。
なぜ、そんなもったいつけた終わり方をしたのか。
まったくもって理解不能。

理解不能な上に恥ずかしい。

邱先生が以前ハイハイQさんで、ラブレターは夜書くものじゃない
とおっしゃっていました。

次の日の朝読むと恥ずかしくて出せたもんじゃないと。

だから悩み事なんかも夜遅くまでうんうん考えずに朝ハッキリとした
頭で考えるのが良い、といった内容だったと記憶しています。

私は前日の夜にコラムをアップしているので
邱先生のおっしゃる通りの事態に陥ります。

だからアップしたコラムは大概見ないようにします。
妙なテンションや稚拙な文章に恥ずかしくなるからです。

でも、
確か昨日は "続く。" みたいな感じで終わったな、、、
と思って読み返す必要がありました。


例えば。

で終わってるよーーーーーっ!?
おいおい。ひどいな。

昨日の話題は『偏愛マップ』でした。

自分の"大好き"がいーっぱい詰まった偏愛マップを作って、
コミュニケーションを取りたい者同士が、お互いに見せ合えば
簡単にコミュニケーションがとれますよ。

という斉藤さんの本から、
ぜひこれを、子供の(いないけど)夏休みの自由研究で
立体的な偏愛マップを作らせたら面白そうだなーと思ったんです。

例えば。

えっとー、ぼくは『ムシキング』が好きだからムシキングのカード貼って、
そこから繋がって、本物の虫も好きになったから、
この夏つかまえたカブトムシの標本作ってー
このカブトムシつかまえたお気に入りの公園の絵や写真をつけてー
実はこの公園には秘密の基地があってー
秘密の基地は割り箸で作ろう!

みたいな。

クラス全員でやってもすごい面白そう。
そして最後にはみんなの偏愛を合体して、超BIG・偏愛マップを作ろー!!

こんな大して面白くもない『例えば。』をもったいぶって
次の日にまわしちゃうんだから、やっぱり夜に物を書くのはよくないですね。

昨日はため息ばかりついてしまいました。。。

イヤなことがあったわけではなく、
点鼻薬をシュッシュやるのが恐くなり
なんと日中ずっと、シュッシュやるのを我慢したんです!!

『市販点鼻薬の離脱プログラム』を自ら実行してみたわけです。

案の定、鼻通行止めが始まり、呼吸が苦しくなったので
時々息を大きく吸ってー、はいてー、をしていたので
仕事中、まるでため息ばかりついているようになってしまいました・・・。

こんな鼻づまりの話しなんてどうでもいいのに、
しつこく続けてしまったので、今日は新しい話題を。

最近こんな本を読みました。

『偏愛マップ』斉藤孝著

戸田先生のコラムで何回も登場した斉藤さん。

戸田先生のお勧めの中の1冊、『偏愛マップ』を読みました。

簡単に言うと、
流行だからなんとなく好き。

ではなく、
自分が本当に好きなものをいろいろ挙げて、
それに絵などを入れたりして、地図のようにしてみましょう。

これを対話ツールとして使用しましょう。

初対面の人や職場、カップル、合コン、親子などなど
自分の"大好き"がいーっぱい詰まった偏愛マップをお互いに見せ合えば
簡単にコミュニケーションがとれますよ、といった内容です。

自分の偏愛と相手の偏愛がひとつでもかぶろうものなら
初対面の2人が一瞬で心の友のようになれるというのは頷けます。

かぶっていなくても、ひと目でその人の大好きがわかるので
話題に事欠きませんし、相手の意外な一面を見つけると
好意を持ったりします。

これ、子供の夏休みの自由研究にやらせたいなあと思いました。
子供いないけど・・・。

斉藤さんの本で紹介されている偏愛マップは鉛筆で書かれた
シンプルなマップですが、これを立体的に作るんです。

例えば。

は、また明日。

↑このページのトップヘ