昨日の「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井さんの記事が

「ノンアルコールビールが、」

という始まりだったので、ビール好きの私としてはとても気になりました。

くれぐれも好きなのはビールであって
ノンアルコールビールが好きなわけではないのですが、
同じ類として動向が気になります。


糸井さんの記事はこんな内容でした。

(一部抜粋)
 会社の会議のときとか、仕事中に、
 ひとそれぞれに好きなドリンクを口にしてますよね。
 コーヒーだとか、水だとか、スポーツ飲料だとか。
 学校だったら、どうかわからないけれど、
 なにを飲んでいようが咎められたりはしないと思います。
 しかーし、これが、ノンアルコールビールだったら?
 アルコールじゃないのだから問題ない‥‥と判断される?
 それとも、「それは、キミぃ!」と非難される?


うーん。面白いなー糸井さん。

もちろん私は反対派です。

「そりゃないでしょっ」
と言います。

あれはアルコールが入ってないといっても、
ビールに味を似せて、飲んでいる感覚になれる飲み物ですから
会議中にそれを飲んでしまったら、ビールの味を覚えている
身体が「おっ!OFFモードだね」とカン違いしちゃうと思います。


そして、これは本当にあった話しですが、
友人たちで飲み会をしていた時に、みんなでシャンパンを
飲んでいたのですが、まったく飲めない友人が2人いて
その2人はノンアルコールシャンパンを飲んでいたのです。

2人は雰囲気でみるみるうちに顔が真っ赤になり、
頭が痛くなりそうと言って、ウーロン茶にかえていました。

もちろんアルコールは0%。

なので、会議中にノンアルコールビール飲んでる人がいたら
本人の身体がカン違いしてハイになりかねないし、

同席している人はそれを見てジンジャーエール飲んでいるのに
ハイサワー飲んでいる気分になってしまうかもしれません。


それにしてもノンアルコールビール売れてるようですね。

この売れ行きに乗って、ノンアルコールカクテルや
ノンアルコールハイボールも出るそうです。

こういったニュースには敏感ですが、
決して私は飲みません。。。

やっぱり本当のビールが飲みたいので、
飲めない状況の時には、きっぱりすっぱり
おとなしくコーヒー飲みます。