明日はどっちだ!?(上口真実)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

2008年08月

昨日の私と今日の私は見た目はまったく同じですが、
考えていることはまったく違ったりします。

たった24時間前なのに。

なぜ、昨日のコラムをそこできったのか。
なぜ、そんなもったいつけた終わり方をしたのか。
まったくもって理解不能。

理解不能な上に恥ずかしい。

邱先生が以前ハイハイQさんで、ラブレターは夜書くものじゃない
とおっしゃっていました。

次の日の朝読むと恥ずかしくて出せたもんじゃないと。

だから悩み事なんかも夜遅くまでうんうん考えずに朝ハッキリとした
頭で考えるのが良い、といった内容だったと記憶しています。

私は前日の夜にコラムをアップしているので
邱先生のおっしゃる通りの事態に陥ります。

だからアップしたコラムは大概見ないようにします。
妙なテンションや稚拙な文章に恥ずかしくなるからです。

でも、
確か昨日は "続く。" みたいな感じで終わったな、、、
と思って読み返す必要がありました。


例えば。

で終わってるよーーーーーっ!?
おいおい。ひどいな。

昨日の話題は『偏愛マップ』でした。

自分の"大好き"がいーっぱい詰まった偏愛マップを作って、
コミュニケーションを取りたい者同士が、お互いに見せ合えば
簡単にコミュニケーションがとれますよ。

という斉藤さんの本から、
ぜひこれを、子供の(いないけど)夏休みの自由研究で
立体的な偏愛マップを作らせたら面白そうだなーと思ったんです。

例えば。

えっとー、ぼくは『ムシキング』が好きだからムシキングのカード貼って、
そこから繋がって、本物の虫も好きになったから、
この夏つかまえたカブトムシの標本作ってー
このカブトムシつかまえたお気に入りの公園の絵や写真をつけてー
実はこの公園には秘密の基地があってー
秘密の基地は割り箸で作ろう!

みたいな。

クラス全員でやってもすごい面白そう。
そして最後にはみんなの偏愛を合体して、超BIG・偏愛マップを作ろー!!

こんな大して面白くもない『例えば。』をもったいぶって
次の日にまわしちゃうんだから、やっぱり夜に物を書くのはよくないですね。

昨日はため息ばかりついてしまいました。。。

イヤなことがあったわけではなく、
点鼻薬をシュッシュやるのが恐くなり
なんと日中ずっと、シュッシュやるのを我慢したんです!!

『市販点鼻薬の離脱プログラム』を自ら実行してみたわけです。

案の定、鼻通行止めが始まり、呼吸が苦しくなったので
時々息を大きく吸ってー、はいてー、をしていたので
仕事中、まるでため息ばかりついているようになってしまいました・・・。

こんな鼻づまりの話しなんてどうでもいいのに、
しつこく続けてしまったので、今日は新しい話題を。

最近こんな本を読みました。

『偏愛マップ』斉藤孝著

戸田先生のコラムで何回も登場した斉藤さん。

戸田先生のお勧めの中の1冊、『偏愛マップ』を読みました。

簡単に言うと、
流行だからなんとなく好き。

ではなく、
自分が本当に好きなものをいろいろ挙げて、
それに絵などを入れたりして、地図のようにしてみましょう。

これを対話ツールとして使用しましょう。

初対面の人や職場、カップル、合コン、親子などなど
自分の"大好き"がいーっぱい詰まった偏愛マップをお互いに見せ合えば
簡単にコミュニケーションがとれますよ、といった内容です。

自分の偏愛と相手の偏愛がひとつでもかぶろうものなら
初対面の2人が一瞬で心の友のようになれるというのは頷けます。

かぶっていなくても、ひと目でその人の大好きがわかるので
話題に事欠きませんし、相手の意外な一面を見つけると
好意を持ったりします。

これ、子供の夏休みの自由研究にやらせたいなあと思いました。
子供いないけど・・・。

斉藤さんの本で紹介されている偏愛マップは鉛筆で書かれた
シンプルなマップですが、これを立体的に作るんです。

例えば。

は、また明日。

呼吸停止で死にそうになる恐怖の

"鼻通行止め"。

もちろん私だって黙って通行止めを認めているわけではありません。

8年ほど前、会社の先輩に"点鼻薬"を教えてもらってからは
鼻通行止め期の11~3月はモーレツに使用しています。

この"点鼻薬"、ビッッックリするくらい本当によく効くんです。
鼻にシュッシュッとやれば、ものの数分で
通行止めだった鼻から新鮮な空気が快適に通るのです。

朦朧としていた意識がハッキリとして、
世界がガラリと変わってしまいます。

もう手放せなーい!!

鼻通行止め期の外出時、点鼻薬は財布の次に大事。
化粧ポーチより大事。

私にとって命綱のようなものです。
一度デートの時に忘れてしまい、しかも薬屋がなかったので
会って30分足らずで帰ってしまったこともあります。

そのくらい大事。


そのくらい大事なのに。。。

こうしてコラムに書きながら、ふと点鼻薬についてネットで調べてみると
市販のものは依存性が高く、鼻づまりをひどくさせてしまうらしいのです。
場合によっては肥厚性鼻炎といって、鼻の粘膜の肥厚がおこってしまうらしい。
嗅覚消失もあるらしい。
『市販点鼻薬の離脱プログラム』なんていうのもあるらしい!!!!

すごく思い当たる節がある。ありすぎるっ
年々ひどくなってるよ鼻づまり。
現に8月だというのに詰まりがひどくて既に使いまくりだよ。

ギリギリ1日の使用回数の上限は守っているけれど、
点鼻薬なしの生活なんて考えられない。
もう超・超・超依存しまくってるよー。

どどどどーしよーう!?

と言っている間にも薬が切れて鼻通行止めが始まりました。

点鼻薬、使う、使わない、使う、使わない、使う、使わない・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・。

シュッシュッ

ふーぅ スッキリ☆

待てよ、もしかしたら。。。

寝ている時に呼吸困難になるなんて
・・・アレかも。

持病のアレルギー性鼻炎が原因かも!!

くしゃみ鼻水だけなら年中ですが、
11~3月頃はくしゃみ鼻水に加えてひどい鼻づまりが
期間限定でついてきます。

この鼻づまり、半端ない詰まりようで
詰まっている、というよりは完璧に通行止め状態になります。
この苦しさといったら尋常ではありません。

頭が朦朧として、大げさではなく呼吸困難に陥るのです。

とても不思議なのですが、
普段、鼻がとおっている状態で鼻をつまんで
口呼吸のみでも、楽々呼吸ができませんか?

私はいつまででもできる気がします。

なのに!!
鼻通行止めの時にはなぜか口呼吸をしても
空気が足りず、頭が朦朧となってしまうのです。

さらにさらに、
食事をしても味がしないし、
何より口に物を入れると口呼吸が妨げられるので
それこそ息を止めながら食事をしている状態になり
息切れしながら食べるはめになります。

そういうわけで、
恐怖の"鼻通行止め"になってしまうと
本当に死にそうになるほど苦しいんです。

ここまでひどい症状になるのは11~3月なのですが、
最近なぜか鼻通行止めが起きています。

地球の天候があれこれおかしくなっているように、
私の鼻も異常をきたしてしまったのかも。。。

3ヶ月も早い鼻通行止めの到来にちょっと怯えています。

息苦しくて息苦しくて
むせたら口から石ころがでてきました!
ピンポン玉くらいの。

きゃーーーーーーーーーっ

そこで少し呼吸ができるようになったけど、
またちょっとすると呼吸が苦しくなりました。

すると、どこからともなくお医者さんがでてきて
私はいきなり口の中から喉のあたりに注射を打たれました。

いぃ~はぁ~い~~~ぃ!!
(いーたーいー)

するとまた石ころがでてきました!
ピンポン玉くらいの、今度はエヘン虫のように
イガイガした石ころ。

立て続けにもういっこ。

そこでやーっと呼吸が楽になりました。


という夢を見ました。
苦しかったーーー。

早速、夢占いしなきゃ。

普通の占い(誕生日や血液型など)は、
じゃあ同じ生まれ月の人はみんな一緒ってことになるじゃーん。

と少々疑ってしまうところがありますが、
夢占いの場合、実際に見させているのは自分の脳みそだし、
なにか身体の不調や潜在的に考えていることなんかが
夢に出てくるというのは、うんうん確かに。納得がいきます。

ネットで調べてみたところ、さすがに石ころを吐く夢
というのは出てきませんでしたが、
喉や医者、注射なんていうのはあまりよくない兆候でした。。。

事態が足踏み状態とか病気やトラブルに気をつけろ、
みたいな。

というか、夢の中で相当呼吸が苦しかったから
もしかして寝ている間に呼吸が止まってたんじゃない??
と自己分析。

ということは、

呼吸止まる→脳細胞に酸素いかない→脳細胞死ぬ→頭悪くなる

いやーーーこれ以上、頭悪くなるのは本当に困る!!

もしまた石ころを吐く夢を見たら枕を変えてみよう。。。

↑このページのトップヘ